Ran&Shelly

足長マンチカン姉妹RanとShellyの成長記録

不妊・去勢手術が無料のねこけん動物病院

Ran&Shellyを引き取ってから、不妊手術をいつ頃、どこでやるか?大きな悩み事だったのですが、飼い猫でも無料で不妊手術ができる「ねこけん動物病院」にお願いする事に決め、予約を取りました。

 

事前検査、不妊手術、術後入院費で1頭当たり安くても5万前後はするので、本当に助かります。多頭飼いで不妊・去勢手術を考えているけど費用面で難しいという方も多いと思います。ここでの手術を決めるまでを参考までに。

 

ねこけん動物病院で不妊手術をしようと決めるまで

色々調べて生後4ヶ月までに不妊手術を済ませたいと考えて動物病院を探しました。

でも、近くの動物病院では生後半年以前に手術が受けられる病院が1か所しかありませんでした。

 

そこは犬猫の保護活動をされている団体の附属病院で、保護動物か、それを譲渡され飼っている動物という条件つき。電話で問い合わせたらRan&Shellyも条件には当てはまったのですが…激混!予約が取れるのが4ヶ月も先…という事で生後4ヶ月以内には不可能。。。

 

生後4ヶ月以内というのは諦めるしかないかな?

と思っていましたが、近隣の都県にまで検索範囲を広げたら、東京都内にある「ねこけん動物病院」のHPを見つけました。

 

まず無料という事に驚き!

HPを見ると、クラウドファンディングで費用を集めたそうです。

地域猫(野良猫)は無料で不妊・去勢手術を行っている動物病院はあるけど、飼い猫も無料なのは多頭崩壊を未然に防ぐための活動だそう。

 

無料なのは魅力的ですが、不安なこともあり、ココで手術してもらおう!と簡単には決められませんでした。

f:id:pluskana:20180630125125j:plain

http://nekoken-ah.com/

 

不安なところ

不妊・去勢手術専門の病院で設備が整っていない

・事前検査がない

・野良猫(地域猫)の利用が多い

・探しても口コミが見つからない

 

どこでやってもリスクがあるのは同じだけど、不妊・去勢手術専門の病院で設備が整っている病院ではないとHPに明示されています。

 

手術すると決めたらリスクを覚悟しなくてはいけないのはどこでやっても同じで、そこは信じる以外ないのかな…と思っています。

 

「ねこけん動物病院」は不妊・去勢手術の専門病院だから、数をこなしているだろうし。手術中に何かあっても最善の処置は尽くすとあるし。

 

それよりも、 野良猫ちゃんの利用が多いので感染リスクの不安が大きかったのですが、消毒もきちんとされるし、院内にいる時は1頭ずつキャリー(クレート)で待機。野良猫ちゃんと直接接触する機会がある確率は低い。事前にワクチン接種を済ませることで、この問題は解決されるかな?と考えています。

 

手術と同時にワクチン接種を1000円という格安料金で受ける事も可能ですが、体調を崩すリスクが上がるし、事前にワクチン接種を済ませれば感染症のリスクも下げられます。

 

なので、近くの動物病院でワクチン接種と、事前検査代わりに健康診断と相談をしてきました!ノミ取りは手術時にお願いすれば300円で出来るので事前にやらなくても良いかな?と手術時にお願いする事にしました。

 

探しても口コミが見つからないのは何故なんだろう・・・?

 

 

そうなると、後は魅力的なことばかり!

 ・手術費が無料

・生後半年以内でも手術可能

・同時にノミ取りが300円、マイクロチップが1000円で出来る

・入院せず当日連れて帰れる

 

あとは無事に手術が成功しますように!と祈るのみです。 

手術が終わるまでは安眠できない日が続きそうです。。。。苦笑

  

ねこけん動物病院

http://nekoken-ah.com/

 〒166-0011
東京都杉並区梅里2-29-1-1F

03-6383-2270

水曜〜日曜日
(犬は木曜のみ【準備中のため現在休業】)

9:00 AM – 6:00 PM

月曜日・火曜日定休日

 

f:id:pluskana:20180708122830p:plain @RanShelly1  @ran.shelly  Ran&Shelly Channel

 

→猫ブログをもっと見る
にほんブログ村 猫ブログへ